会社概要

代表挨拶

image

代表取締役社長 塚本 豊

今や社会や企業には欠かせなくなったITインフラ。
パソコンやサーバが普及し、インターネットが世の中に浸透し始めた2001年にレイコムは創業しました。

レイコム(LayCom)の社名に込めたLayer、Computer、Communication。
この3つの文字が示す通り、創業当時からコンピュータを単体で利用するのではなく、ネットワークを介して、コンピュータ同士を有機的に繋げる技術。今で言う「ICT」に一早く注目し、業界のパイオニアとなることを目標に掲げレイコムはスタートしました。

私は、レイコム創業以前に「ITサービスを受ける側」のエンジニアとして、一般企業に努めていましたが、そのとき「自分がしてほしいサービス」と、「実際に業者から提供されるサービス」の違いに大きなギャップを感じていました。
その経験から今度は自分が、お客様が本当にしてほしいサービスをお客様の目線で熟考し、自らが提供することで、ITで困っている会社や人を助けたい。その強い想いが独立への大きなきっかけとなりました。

常に「お客様目線」であることを意識して、ITインフラの構築、運用、サポートをワンストップで提供すること。
この想いは創業以来、今でも変わることはありません。

昨今「攻めのIT」ということが言われるようになりました。
企業は、これまでのように販売店から言われるが儘の製品やサービスを受け入れるのではなく、「ITを使って何かをやろう」と企業自らが考える時代にシフトしています。
どのメーカーや販売店にも属さないベンダーニュートラルなレイコムだからこそ、お客様の立場になって、お客様の目線で、またお客様のよき相談相手として、お客様の「攻めのIT」を一緒に考えていけたらと思っております。

裏方的な存在として、企業の屋台骨である情報システム基盤をお支えすること。
長年培ったICT技術と現場経験を活かして、お客様が求めるIT基盤を構築し、お客様のニーズに合ったサポートを提供することこそがレイコムの使命であると考えています。

お客様の「攻めのIT」を実現するために、最高のITソリューションをご提供する事をお約束いたします。

代表取締役社長 塚本 豊

ページの先頭へ